≪交通事故にあったときに絶対にやってはいけないこと≫

弁護士法人シーク法律事務所(東京都/港区)|≪交通事故にあったときに絶対にやってはいけないこと≫

  1. 弁護士法人シーク法律事務所 >
  2. 交通事故に関する記事一覧 >
  3. ≪交通事故にあったときに絶対にやってはいけないこと≫

≪交通事故にあったときに絶対にやってはいけないこと≫

≪交通事故にあったときに絶対にやってはいけないこと≫

①適当な証言をしない
人身事故のあと警察を呼ぶと、警察による現場の確認と実況見分が開始されます。実況見分の結果は「実況見分調書」という書類に記載されますが、実況見分調書は後になって過失割合を決めたり、賠償金を決めたりする際に重要な材料となります。そのため、適当な証言をしないように気を付け、記憶にないことをあいまいに答えないようにしましょう。

②ケガの途中で通院をやめたりしない
ケガの途中で通院をやめてしまうと、あとから痛みや体調不良が生じて通院を再開したとしても、事故との因果関係が認められないことがあります。そのため、ケガの後の通院はしっかりと継続するようにしましょう。

③治療費を使いすぎない
治療費は賠償金の対象となることから、ときどき治療費を自由に使っていいかのように勘違いする方がいますが、これは間違いです。賠償金の対象となる治療費は、必要かつ相当な金額までしか認められないため、不必要な治療費の使い込みは避けるようにしましょう。

④保険会社とすぐに示談交渉をしない
ケガの治療が終了し、症状固定の状態になると、保険会社の担当者がすぐに示談交渉をしようと持ち掛けてきます。しかし、ここですぐに示談交渉を始めることはおすすめできません。
まずは、本当にケガが完治しているのか医師と確認をし、完治していたら弁護士に相談するようにしましょう。保険会社の担当者から思っていたよりも高額な示談金を持ち掛けられても、被害の度合いには見合わないことがあるため、まずは弁護士に相談して、示談交渉を行ってもらうことが大切です。

弁護士法人シーク法律事務所が提供する基礎知識

  • 請求できる損害・被害

    請求できる...

    交通事故にあった場合に請求できる損害賠償は以下のようなものになりま...

  • 人身事故

    人身事故

    人身事故とは、人の生命や身体に損害が発生する事故のことをいいます。...

  • 損害賠償請求(示談交渉)

    損害賠償請...

    交通事故の解決方法には、示談交渉(任意交渉)、ADR機関の活用、調...

  • 損害賠償請求(訴訟)

    損害賠償請...

    交通事故の解決は示談交渉から始まることがほとんどですが、示談交渉で...

  • 死亡事故

    死亡事故

    交通事故によって、残念ながら被害者の方が死亡してしまった場合にも、...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    離婚による財産分与において、住宅ローンの分割方法が問題となることが...

  • 内定取消

    内定取消

    必死に頑張って就職活動を行い、内定を得た企業から突然の内定取消を受...

  • 労働災害関係

    労働災害関係

    労働災害とは、労働者の業務上または通勤途上の負傷・疾病・障害・死亡...

  • 面会交流

    面会交流

    面会交流とは、離婚により離れて暮らすことになった親が子どもと連絡を...

ページトップへ