交通事故の示談のしくみ

弁護士法人シーク法律事務所(東京都/港区)|交通事故の示談のしくみ

  1. 弁護士法人シーク法律事務所 >
  2. 交通事故に関する記事一覧 >
  3. 交通事故の示談のしくみ

交通事故の示談のしくみ

交通事故においては、以下のような流れで示談交渉が進みます。

①事故発生
交通事故の被害に遭ったら、まずは警察に通報しましょう。一般的には、加害者側が警察に通報しますが、大事になるのを恐れて加害者が警察に通報しない可能性もあるので、その場合は自分で通報しましょう。くれぐれも当事者間だけで解決しないようにすることが大切です。また、少しでも事故によってケガをした場合は、物損事故ではなく、人身事故として警察に処理してもらうことが重要です。物損事故扱いにした場合、後からむちうちなどのケガや後遺障害が発覚しても、保険から治療費が支払われない可能性もあります。

②治療(通院・入院)
健康保険や労災保険を利用して治療をします。症状固定までの治療費は原則として加害者側の負担となりますが、症状固定以降の治療費は加害者側の負担とならないことがほとんどなので、症状固定の判断は慎重に行ってもらうようにします。

③症状固定
治療を継続してもこれ以上の寛解が見込まれなくなった場合には、便宜上その症状が固定されたものとして、後遺障害等級認定申請を行います。

④示談交渉
一度両者が話し合いに合意して示談書が作成されてしまうと、後から交渉をやり直すことは極めて難しくなってしまいます。また、加害者側は保険会社の担当者が示談交渉を代行する場合が多いですが、提示される示談金は相場よりも低額であることがほとんどです。適正価格である「裁判基準」の示談金を受け取るためには、弁護士に依頼することが必須といえます。

⑤示談成立
示談が成立したら、示談書(支払指図書)を作成します。示談書(支払指図書)には、合意内容を記載し、当事者双方が署名捺印をします。傷害部分の示談だけ先に成立させて、後遺障害部分の示談を後回しにする場合には、別途協議する旨を盛り込んだ示談書を作成し、後の協議に備えます。

交通事故の解決方法として、示談交渉は最も多い解決方法ですが、加害者側との交渉を対等に進め、示談金の増額を実現するには弁護士への相談が重要となります。そのため、事故に遭ったら、早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士法人シーク法律事務所では、東京都港区を中心に、交通事故における「示談交渉(保険会社との交渉)」、「後遺障害等級認定申請(後遺症認定の手続き)」、「損害賠償額の算定」などさまざまなご相談を承っております。初回相談無料・完全成功報酬型の料金体系で、交通事故に強い弁護士が対応させていただきますので、交通事故でお困りの際にはお気軽にご相談ください。

弁護士法人シーク法律事務所が提供する基礎知識

  • 自賠責保険・任意保険の請求手続き

    自賠責保険...

    自動車保険には大きく分けて2種類があり、「自賠責保険」と「任意保険...

  • 財産分与

    財産分与

    財産分与とは、離婚の際に夫婦の共有財産を双方で分けることをいいます...

  • 退職勧奨された際の対処法

    退職勧奨さ...

    ■退職勧奨が行われる背景 日本の労働法では「客観的に合理的な理由」...

  • 親権・監護権

    親権・監護権

    親権には「財産管理権」と「身上監護権」のふたつの要素があります。 ...

  • 交通事故問題を弁護士に依頼するメリット

    交通事故問...

    ①面倒な手続きのわずらわしさから解放される 交通事故の処理を自分で...

  • 養育費とは

    養育費とは

    「離婚を検討しているが、今後の子供の養育費に不安がある。」 「離婚...

  • 請求できる損害・被害

    請求できる...

    交通事故にあった場合に請求できる損害賠償は以下のようなものになりま...

  • 過失割合

    過失割合

    過失割合とは、交通事故の加害者と被害者の過失の度合いを数字で示した...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    離婚による財産分与において、住宅ローンの分割方法が問題となることが...

ページトップへ