自賠責保険・任意保険の請求手続き

弁護士法人シーク法律事務所(東京都/港区)|自賠責保険・任意保険の請求手続き

  1. 弁護士法人シーク法律事務所 >
  2. 交通事故に関する記事一覧 >
  3. 自賠責保険・任意保険の請求手続き

自賠責保険・任意保険の請求手続き

自動車保険には大きく分けて2種類があり、「自賠責保険」と「任意保険」に分けられます。

■自賠責保険
自賠責保険とは、自動車損害賠償保障法により、自動車やバイクを運転する際には全ての運転への加入が義務付けられている保険のことをいいます。

自賠責保険では、傷害の場合は120万円まで、死亡の場合は3000万円まで、後遺障害の場合は4000万円までの補償しかなされません。また、車やモノなどの対物賠償については自賠責保険の補償対象外となっているため、自賠責保険で補償されるのは最低限度の対人補償のみといえます。そのため、万が一、自賠責保険で補償できる金額以上の損害賠償となった場合には、加害者が自賠責保険の限度額以上の金額を自己負担で支払うことになります。ただし、多くの運転手は任意保険にも加入しているため、加害者が任意保険に加入している場合には、限度額以上の金額を加害者が加入する任意保険から支払ってもらうのが一般的です。

■任意保険
任意保険とは、法律上加入の義務のない保険のことで、自賠責保険で補償しきれない部分を補償するために加入します。加入する義務こそないものの、自賠責保険でカバーしきれない高額な賠償責任を負う可能性があるため、ほとんどの人が加入しているのが実情です。

任意保険で補償される内容は加入する保険商品によって異なりますが、事故の加害者側となったときの賠償だけでなく、自分が被害者側になったときの損害についても手厚い補償を受けられる商品が多数あります。そのため、万が一加害者が任意保険に加入していない場合には、被害者自身が加入している保険で満足な補償を受けることもひとつの手段となります。例えば、人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険、無保険車傷害保険などが、被害者となった場合に加入していれば、補償を受けられる保険となります。

なお、任意保険には「示談代行」といわれるサービスがついていることが一般的で、交通事故の際には保険会社の担当者が加害者に代わって示談交渉を行います。このとき、担当者は支払う保険金をできるだけ少なくして示談に持ち込もうとする傾向があり、被害者が満足できるような賠償を受けられないこともあります。そのため、弁護士が被害者側に寄り添い、専門的な知識と経験に基づいた正当な立場での交渉を行うことが望ましいといえます。

弁護士法人シーク法律事務所では、東京都港区を中心に交通事故における「示談交渉(保険会社との交渉)」、「後遺障害等級認定申請(後遺症認定の手続き)」、「損害賠償額の算定」などさまざまなご相談を承っております。初回相談無料・完全成功報酬型の料金体系で、交通事故に強い弁護士が相談窓口となって対応させていただきますので、交通事故でお困りの際にはお気軽にご相談ください。

弁護士法人シーク法律事務所が提供する基礎知識

  • 残業代請求(割増賃金請求)

    残業代請求...

    労働基準法において、労働時間は原則として「1日8時間・1週間に40...

  • 物損事故

    物損事故

    物損事故とは、モノだけが壊れて、人に被害が及ばない事故のことをいい...

  • 親権・監護権

    親権・監護権

    親権には「財産管理権」と「身上監護権」のふたつの要素があります。 ...

  • 過失割合

    過失割合

    過失割合とは、交通事故の加害者と被害者の過失の度合いを数字で示した...

  • 交通事故の示談のしくみ

    交通事故の...

    交通事故においては、以下のような流れで示談交渉が進みます。 ①事...

  • 不当解雇・退職勧告

    不当解雇・...

    企業が労働者を解雇する場合には、企業がその労働者を解雇せざるを得な...

  • ≪交通事故にあったときにまずやるべきこと≫

    ≪交通事故...

    ≪交通事故にあったときにまずやるべきこと≫ ①加害者の氏名や連絡...

  • 退職勧奨された際の対処法

    退職勧奨さ...

    ■退職勧奨が行われる背景 日本の労働法では「客観的に合理的な理由」...

  • 裁判離婚とは

    裁判離婚とは

    「離婚について折り合いがつかないため、離婚裁判を起こしたいが、費用...

ページトップへ