請求できる損害・被害

弁護士法人シーク法律事務所(東京都/港区)|請求できる損害・被害

  1. 弁護士法人シーク法律事務所 >
  2. 交通事故に関する記事一覧 >
  3. 請求できる損害・被害

請求できる損害・被害

交通事故にあった場合に請求できる損害賠償は以下のようなものになります。

■死亡事故の場合
・治療関係費/看護料/入院雑費/休業損害/傷害慰謝料
事故から亡くなるまでの治療・入通院でかかった費用が対象となります。

・葬儀関係費用
原則は150万円ですが、150万円を下回る場合には実際に支出した費用が対象となります。

・死亡慰謝料
亡くなった方の収入、職業、年齢、家族の有無、事故の態様などの具体的な事情により、2,000万円から3,000万円程度が認められています。

・死亡逸失利益
本人が亡くならなかった場合に、将来得られたであろう利益が損害賠償の対象となります。

■傷害事故の場合
・治療関係費
治療費や入通院費が対象となります。後遺障害が認定された場合には、後遺障害診断書作成料も請求することができます。

・看護料
家族の入院付添費や、通院に付き添ってもらう時の通院付添費が対象となります。

・入院雑費
入院するにあたって必要になった日用品の購入費用や電話代などが対象となります。

・通院交通費
通院の際に必要となった交通費です。

・その他
将来的な介護費や装具購入費、学生の場合には入院によって進級が遅れた際の学費などが対象となります。

・休業損害
交通事故による影響で仕事を休業した際に、本来得られるはずであった収入が対象となります。自賠責保険では一律に一日5700円と定められていますが、裁判基準では「1日あたりの基礎収入×休業日数」で計算されます。

・傷害慰謝料
原則として入通院期間に基づいて計算されます。

・逸失利益/後遺障害慰謝料
後遺障害等級が認定された場合に請求できます。

弁護士法人シーク法律事務所では、東京都港区を中心に、交通事故における「示談交渉(保険会社との交渉)」、「後遺障害等級認定申請(後遺症認定の手続き)」、「損害賠償額の算定」などさまざまなご相談を承っております。初回相談無料・完全成功報酬型の料金体系で、交通事故専門の弁護士が対応させていただきますので、交通事故でお困りの際にはお気軽にご相談ください。

弁護士法人シーク法律事務所が提供する基礎知識

  • 損害賠償請求(示談交渉)

    損害賠償請...

    交通事故の解決方法には、示談交渉(任意交渉)、ADR機関の活用、調...

  • 親権・監護権

    親権・監護権

    親権には「財産管理権」と「身上監護権」のふたつの要素があります。 ...

  • 後遺障害認定の流れ

    後遺障害認...

    ■後遺障害認定の流れ 後遺障害認定の大きな流れは以下のようになりま...

  • セクハラ・パワハラ

    セクハラ・...

    近年、相談件数が急激に増えているのがセクハラ・パワハラの問題です。...

  • 内定取消

    内定取消

    必死に頑張って就職活動を行い、内定を得た企業から突然の内定取消を受...

  • 自賠責保険・任意保険の請求手続き

    自賠責保険...

    自動車保険には大きく分けて2種類があり、「自賠責保険」と「任意保険...

  • 過失割合

    過失割合

    過失割合とは、交通事故の加害者と被害者の過失の度合いを数字で示した...

  • 後遺症認定の手続き

    後遺症認定...

    交通事故に遭い、これ以上症状の改善が見込まれない「症状固定」の段階...

  • 協議離婚とは

    協議離婚とは

    「配偶者が浮気していたため、離婚したいと考えている。最も一般的な離...

ページトップへ