養育費とは

弁護士法人シーク法律事務所(東京都/港区)|養育費とは

  1. 弁護士法人シーク法律事務所 >
  2. 離婚問題に関する記事一覧 >
  3. 養育費とは

養育費とは

「離婚を検討しているが、今後の子供の養育費に不安がある。」
「離婚した元配偶者が再婚し、養育費の支払いが止まってしまった。なんとかして支払いを再開してもらう方法はないものだろうか。」
お子さんがいらっしゃるご家庭における離婚では、養育費が大きな問題の一つとなります。
このページでは、離婚について数あるキーワードのなかでも、養育費についてスポットライトをあてて、くわしく解説してまいります。

■養育費とは
養育費がどのような費用をさすのか、まずは確認しておきましょう。
養育費とは、子どもを養育、すなわち世話をし、育てていくことに要する費用のことをさします。ただ、一般的には、離婚した父母のうち子供を監護する(育てる)者が、もう一方の親に対して請求するお金をいいます。
養育費のなかには、子どもの生活費や教育費などが含まれており、子どもが成長していくためには欠かせないお金と言えます。

■養育費を支払うのは誰か
養育費を負担するのは誰なのでしょうか。
実は、原則として離婚する夫婦の双方に養育費を負担する義務があります。
もちろん、監護する(育てる)親は、離婚後に子どもにかかるお金を負担することになるわけですが、他方で、経済的に裕福な方のみが養育費を負担するわけでも、父親だけが養育費を負担するというわけでもないのです。
養育費の負担は、子どもを養育している側、つまり、子どもと一緒に住んでいる側も負担することが前提となっています。
子どもの生活費や学費の全てを、片方の親だけが負担するというわけではなく、あくまで年収などの事情に基づいて、双方で負担するという考え方が重要です。

■養育費の相場
「養育費には相場があるの?」
養育費についてこのようなご質問をなさる方は多くいらっしゃいます。
養育費に明確な相場というものは存在しませんが、家庭裁判所で行われる離婚裁判や離婚調停において利用される“養育費算定表”というものがあり、これが一つの指標として有力でしょう。
この養育費算定表では、収入に応じて、看護する(育てる)親が他方の親に請求できる養育費が計算できるようになっており、実務上はこの算定表を基に、個別の事情に応じて支払うべき養育費の金額を算定するのが一般的です。

弁護士法人シーク法律事務所では、東京都港区を中心にさまざまな離婚の相談を初回相談無料にて承っております。
「養育費はいつまで支払ってもらえるのか」、「財産分与で悩んでいる」、「再婚後の養育費を計算してほしい」など離婚問題でお困りの際は、離婚問題に強い弁護士法人シーク法律事務所までお気軽にご相談ください。

弁護士法人シーク法律事務所が提供する基礎知識

  • 死亡事故

    死亡事故

    交通事故によって、残念ながら被害者の方が死亡してしまった場合にも、...

  • 人身事故

    人身事故

    人身事故とは、人の生命や身体に損害が発生する事故のことをいいます。...

  • 後遺障害認定の流れ

    後遺障害認...

    ■後遺障害認定の流れ 後遺障害認定の大きな流れは以下のようになりま...

  • 親権・監護権

    親権・監護権

    親権には「財産管理権」と「身上監護権」のふたつの要素があります。 ...

  • 退職勧奨された際の対処法

    退職勧奨さ...

    ■退職勧奨が行われる背景 日本の労働法では「客観的に合理的な理由」...

  • 財産分与

    財産分与

    財産分与とは、離婚の際に夫婦の共有財産を双方で分けることをいいます...

  • ≪交通事故にあったときに絶対にやってはいけないこと≫

    ≪交通事故...

    ≪交通事故にあったときに絶対にやってはいけないこと≫ ①適当な証...

  • 内定取消

    内定取消

    必死に頑張って就職活動を行い、内定を得た企業から突然の内定取消を受...

  • 交通事故にあったとき、被害者がやるべきこと・やってはいけないこと

    交通事故に...

    交通事故では、最初の対応が肝心です。最初の対応を間違えてしまえば、...

ページトップへ