取扱業務・取扱分野/弁護士法人シーク法律事務所(東京都/港区)

弁護士法人シーク法律事務所 /交通事故、離婚、労務

  1. 弁護士法人シーク法律事務所 >
  2. 取扱業務

弁護士法人シーク法律事務所の取扱業務

交通事故
突然の交通事故で必要となるのは、けがの治療や警察での手続きだけではありません。

相手側の保険会社との示談交渉や後遺障害等級認定の申請なども必要となります。弁護士はご依頼者様の代理人として示談交渉や後遺障害等級の正当な認定に尽力いたします。

当事務所にご相談いただいた場合には、交通事故解決に強い弁護士が迅速に対応し、弁護士基準での慰謝料請求をはじめとする様々な手続きを行わせていただきます。
離婚
離婚問題で決めなければならない事項は多岐にわたります。子どもがいる場合には親権・養育費・面会交流権などの問題が、子供がいなくても財産分与や慰謝料の問題が生じます。

離婚時に当事者間だけで離婚内容を決めたがゆえに、離婚後に再度トラブルが発生するケースも存在しますので、離婚時に弁護士に相談することで終局的な解決を図ることが望ましいといえます。

当事務所には男性弁護士・女性弁護士ともに在籍しておりますので、離婚問題でお困りの際はお気軽に当事務所までご相談ください。
労務
従業員を雇って事業活動を進めていくうえで、労務問題が付きまとうことは間違いありません。残業代や労働時間など法令に従った労務管理をしていれば問題ありませんが、労務担当者が気づかないところで法令違反が発生している可能性もあり、従業員側から提訴された場合には、相応の対応を行う必要があります。

また、従業員側の立場で上記のような労務問題が発生している場合には、証拠を収集してから会社に慰謝料請求等を行う必要があります。会社を相手にして戦う以上、慎重な対応が必要となりますので、お早めに弁護士に相談することがおすすめです。

当事務所にご相談いただいた場合には、労務問題に精通した弁護士が対応させていただきますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

弁護士法人シーク法律事務所が提供する基礎知識

  • 過失割合

    過失割合

    過失割合とは、交通事故の加害者と被害者の過失の度合いを数字で示した...

  • 退職勧奨された際の対処法

    退職勧奨さ...

    ■退職勧奨が行われる背景 日本の労働法では「客観的に合理的な理由」...

  • 損害賠償請求(示談交渉)

    損害賠償請...

    交通事故の解決方法には、示談交渉(任意交渉)、ADR機関の活用、調...

  • 面会交流

    面会交流

    面会交流とは、離婚により離れて暮らすことになった親が子どもと連絡を...

  • ≪交通事故にあったときにまずやるべきこと≫

    ≪交通事故...

    ≪交通事故にあったときにまずやるべきこと≫ ①加害者の氏名や連絡...

  • 財産分与

    財産分与

    財産分与とは、離婚の際に夫婦の共有財産を双方で分けることをいいます...

  • セクハラ・パワハラ

    セクハラ・...

    近年、相談件数が急激に増えているのがセクハラ・パワハラの問題です。...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    離婚による財産分与において、住宅ローンの分割方法が問題となることが...

  • 不当解雇・退職勧告

    不当解雇・...

    企業が労働者を解雇する場合には、企業がその労働者を解雇せざるを得な...

ページトップへ