労働 法律

労働災害関係/労働 法律

  1. 弁護士法人シーク法律事務所 >
  2. 労働 法律

労働 法律に関する基礎知識記事や事例

  • 労働災害関係労働災害関係

    労働災害とは、労働者の業務上または通勤途上の負傷・疾病・障害・死亡のことです。 そのため、労働災害は、業務を行っている際に発生する「業務災害」と通勤途中に発生する「通勤災害」の二つに主に分類さ...

  • セクハラ・パワハラセクハラ・パワハラ

    近年、相談件数が急激に増えているのがセクハラ・パワハラの問題です。 セクハラとは、セクシュアルハラスメントの略称で、意に反する性的言動によって働くうえでの不利益を被ったり、性的な言動によって就...

  • 内定取消内定取消

    必死に頑張って就職活動を行い、内定を得た企業から突然の内定取消を受けた場合、内定者はこれに従うしかないのでしょうか? 法律上、企業が内定取消を行うことができるのは、企業が採用内定の際に知ること...

  • 退職勧奨された際の対処法退職勧奨された際の対処法

    ■退職勧奨が行われる背景 日本の労働法では「客観的に合理的な理由」が存在し「社会通念上相当」と認められなければ、雇用期間中に労働者を一方的に解雇することはできません。雇用期間の定めがない正社員は...

  • 残業代請求(割増賃金請求)残業代請求(割増賃金請求)

    労働基準法において、労働時間は原則として「1日8時間・1週間に40時間」と定められています。この基準を超える労働はすべて時間外労働であり、基礎賃金より25%以上割り増しの賃金(残業代)を企業は労...

  • 不当解雇・退職勧告不当解雇・退職勧告

    企業が労働者を解雇する場合には、企業がその労働者を解雇せざるを得ない客観的・合理的な理由が必要不可欠です。 ここでは、いくつかの解雇が考えられる事例を挙げてご説明いたします。 ・企業が経営不...

弁護士法人シーク法律事務所が提供する基礎知識

  • 親権・監護権

    親権・監護権

    親権には「財産管理権」と「身上監護権」のふたつの要素があります。 ...

  • 交通事故にあったとき、被害者がやるべきこと・やってはいけないこと

    交通事故に...

    交通事故では、最初の対応が肝心です。最初の対応を間違えてしまえば、...

  • 協議離婚とは

    協議離婚とは

    「配偶者が浮気していたため、離婚したいと考えている。最も一般的な離...

  • セクハラ・パワハラ

    セクハラ・...

    近年、相談件数が急激に増えているのがセクハラ・パワハラの問題です。...

  • 人身事故

    人身事故

    人身事故とは、人の生命や身体に損害が発生する事故のことをいいます。...

  • 面会交流

    面会交流

    面会交流とは、離婚により離れて暮らすことになった親が子どもと連絡を...

  • 損害賠償請求(示談交渉)

    損害賠償請...

    交通事故の解決方法には、示談交渉(任意交渉)、ADR機関の活用、調...

  • 不当解雇・退職勧告

    不当解雇・...

    企業が労働者を解雇する場合には、企業がその労働者を解雇せざるを得な...

  • 過失割合

    過失割合

    過失割合とは、交通事故の加害者と被害者の過失の度合いを数字で示した...

ページトップへ