労働基準法 時間外労働

残業代請求(割増賃金請求)/労働基準法 時間外労働

  1. 弁護士法人シーク法律事務所 >
  2. 労働基準法 時間外労働

労働基準法 時間外労働に関する基礎知識記事や事例

  • 残業代請求(割増賃金請求)残業代請求(割増賃金請求)

    労働基準法において、労働時間は原則として「1日8時間・1週間に40時間」と定められています。この基準を超える労働はすべて時間外労働であり、基礎賃金より25%以上割り増しの賃金(残業代)を企業は労...

弁護士法人シーク法律事務所が提供する基礎知識

  • 慰謝料

    慰謝料

    慰謝料とは、相手がした行為によって、精神的苦痛を受けた場合に支払っ...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    離婚による財産分与において、住宅ローンの分割方法が問題となることが...

  • 人身事故

    人身事故

    人身事故とは、人の生命や身体に損害が発生する事故のことをいいます。...

  • 後遺症認定の手続き

    後遺症認定...

    交通事故に遭い、これ以上症状の改善が見込まれない「症状固定」の段階...

  • 退職勧奨された際の対処法

    退職勧奨さ...

    ■退職勧奨が行われる背景 日本の労働法では「客観的に合理的な理由」...

  • ≪交通事故にあったときにまずやるべきこと≫

    ≪交通事故...

    ≪交通事故にあったときにまずやるべきこと≫ ①加害者の氏名や連絡...

  • 裁判離婚とは

    裁判離婚とは

    「離婚について折り合いがつかないため、離婚裁判を起こしたいが、費用...

  • 請求できる損害・被害

    請求できる...

    交通事故にあった場合に請求できる損害賠償は以下のようなものになりま...

  • 交通事故にあったとき、被害者がやるべきこと・やってはいけないこと

    交通事故に...

    交通事故では、最初の対応が肝心です。最初の対応を間違えてしまえば、...

ページトップへ