労務裁判 港区 弁護士

死亡事故/労務裁判 港区 弁護士

  1. 弁護士法人シーク法律事務所 >
  2. 労務裁判 港区 弁護士

労務裁判 または 港区 または 弁護士に関する基礎知識記事や事例

  • 死亡事故死亡事故

    交通事故によって、残念ながら被害者の方が死亡してしまった場合にも、人身事故と同じように、加害者は「行政上の責任」・「刑事上の責任」・「民事上の責任」の3つの責任を負うことになります。 ■行政上...

  • 交通事故にあったとき、被害者がやるべきこと・やってはいけないこと交通事故にあったとき、被害者がやるべきこと・やってはいけないこと

    交通事故では、最初の対応が肝心です。最初の対応を間違えてしまえば、賠償金の額が大きく減ってしまったり、後の手続きがより煩雑になってしまう可能性もあります。 そこで、ここでは交通事故にあったとき...

  • 交通事故の示談のしくみ交通事故の示談のしくみ

    交通事故においては、以下のような流れで示談交渉が進みます。 ①事故発生 交通事故の被害に遭ったら、まずは警察に通報しましょう。一般的には、加害者側が警察に通報しますが、大事になるのを恐れて加害...

  • 交通事故問題を弁護士に依頼するメリット交通事故問題を弁護士に依頼するメリット

    ①面倒な手続きのわずらわしさから解放される 交通事故の処理を自分ですべて行おうとすると、示談交渉から後遺障害等級認定申請まで手間や時間が非常にかかります。弁護士に依頼することで、これらの手続きの...

  • 自賠責保険・任意保険の請求手続き自賠責保険・任意保険の請求手続き

    自動車保険には大きく分けて2種類があり、「自賠責保険」と「任意保険」に分けられます。 ■自賠責保険 自賠責保険とは、自動車損害賠償保障法により、自動車やバイクを運転する際には全ての運転への加入...

  • 協議離婚とは協議離婚とは

    「配偶者が浮気していたため、離婚したいと考えている。最も一般的な離婚の方法を知りたい。」 「お互い離婚については合意しているが、離婚の条件を守ってもらえるかどうか分からない。」 離婚を検討するに...

  • 養育費とは養育費とは

    「離婚を検討しているが、今後の子供の養育費に不安がある。」 「離婚した元配偶者が再婚し、養育費の支払いが止まってしまった。なんとかして支払いを再開してもらう方法はないものだろうか。」 お子さんが...

  • 後遺症認定の手続き後遺症認定の手続き

    交通事故に遭い、これ以上症状の改善が見込まれない「症状固定」の段階になっても完治していない場合には、後遺障害等級認定の手続きに入ることになります。 後遺障害等級認定の手続きの第一歩は、医師から...

  • 慰謝料慰謝料

    慰謝料とは、相手がした行為によって、精神的苦痛を受けた場合に支払ってもらうことのできる損害賠償の一種です。 離婚の際に必ず支払われるものだと勘違いされている方もいますが、どんな場合にでも必ず支...

  • ≪交通事故にあったときに絶対にやってはいけないこと≫≪交通事故にあったときに絶対にやってはいけないこと≫

    ≪交通事故にあったときに絶対にやってはいけないこと≫ ①適当な証言をしない 人身事故のあと警察を呼ぶと、警察による現場の確認と実況見分が開始されます。実況見分の結果は「実況見分調書」という書類...

弁護士法人シーク法律事務所が提供する基礎知識

  • 慰謝料

    慰謝料

    慰謝料とは、相手がした行為によって、精神的苦痛を受けた場合に支払っ...

  • 面会交流

    面会交流

    面会交流とは、離婚により離れて暮らすことになった親が子どもと連絡を...

  • 損害賠償請求(示談交渉)

    損害賠償請...

    交通事故の解決方法には、示談交渉(任意交渉)、ADR機関の活用、調...

  • 親権・監護権

    親権・監護権

    親権には「財産管理権」と「身上監護権」のふたつの要素があります。 ...

  • 死亡事故

    死亡事故

    交通事故によって、残念ながら被害者の方が死亡してしまった場合にも、...

  • 後遺障害認定の流れ

    後遺障害認...

    ■後遺障害認定の流れ 後遺障害認定の大きな流れは以下のようになりま...

  • 財産分与

    財産分与

    財産分与とは、離婚の際に夫婦の共有財産を双方で分けることをいいます...

  • 労働災害関係

    労働災害関係

    労働災害とは、労働者の業務上または通勤途上の負傷・疾病・障害・死亡...

  • 退職勧奨された際の対処法

    退職勧奨さ...

    ■退職勧奨が行われる背景 日本の労働法では「客観的に合理的な理由」...

ページトップへ