強い 弁護士 港区

財産分与/強い 弁護士 港区

  1. 弁護士法人シーク法律事務所 >
  2. 強い 弁護士 港区

強い 弁護士 港区に関する基礎知識記事や事例

  • 財産分与財産分与

    財産分与とは、離婚の際に夫婦の共有財産を双方で分けることをいいます。 夫婦の共有財産とは、結婚生活を始めた日以降に夫婦が協力して得た財産の全てを指します。共有財産は、一般的にイメージされる預貯...

  • 交通事故問題を弁護士に依頼するメリット交通事故問題を弁護士に依頼するメリット

    ①面倒な手続きのわずらわしさから解放される 交通事故の処理を自分ですべて行おうとすると、示談交渉から後遺障害等級認定申請まで手間や時間が非常にかかります。弁護士に依頼することで、これらの手続きの...

  • 交通事故にあったとき、被害者がやるべきこと・やってはいけないこと交通事故にあったとき、被害者がやるべきこと・やってはいけないこと

    交通事故では、最初の対応が肝心です。最初の対応を間違えてしまえば、賠償金の額が大きく減ってしまったり、後の手続きがより煩雑になってしまう可能性もあります。 そこで、ここでは交通事故にあったとき...

  • 後遺症認定の手続き後遺症認定の手続き

    交通事故に遭い、これ以上症状の改善が見込まれない「症状固定」の段階になっても完治していない場合には、後遺障害等級認定の手続きに入ることになります。 後遺障害等級認定の手続きの第一歩は、医師から...

  • 自賠責保険・任意保険の請求手続き自賠責保険・任意保険の請求手続き

    自動車保険には大きく分けて2種類があり、「自賠責保険」と「任意保険」に分けられます。 ■自賠責保険 自賠責保険とは、自動車損害賠償保障法により、自動車やバイクを運転する際には全ての運転への加入...

  • 協議離婚とは協議離婚とは

    「配偶者が浮気していたため、離婚したいと考えている。最も一般的な離婚の方法を知りたい。」 「お互い離婚については合意しているが、離婚の条件を守ってもらえるかどうか分からない。」 離婚を検討するに...

  • 損害賠償請求(示談交渉)損害賠償請求(示談交渉)

    交通事故の解決方法には、示談交渉(任意交渉)、ADR機関の活用、調停・裁判などさまざまな種類がありますが、この中で最も多い解決方法は「示談交渉(任意交渉)」です。 現在では任意保険のほとんどに...

  • 離婚調停を弁護士に依頼するメリット離婚調停を弁護士に依頼するメリット

    離婚調停を弁護士に依頼するメリットには、主に次の5つが挙げられます。 ①言いたいポイントをまとめ、有利に調停手続きを進められる 離婚調停においては、調停委員と話し合いながら、夫婦間の意見を調整...

  • 住宅ローン住宅ローン

    離婚による財産分与において、住宅ローンの分割方法が問題となることがあります。住宅ローンの分割は以下のような流れで行います。 ①まずは不動産の金銭的な価値(評価額)を調べます。不動産の評価額を出...

  • 慰謝料慰謝料

    慰謝料とは、相手がした行為によって、精神的苦痛を受けた場合に支払ってもらうことのできる損害賠償の一種です。 離婚の際に必ず支払われるものだと勘違いされている方もいますが、どんな場合にでも必ず支...

弁護士法人シーク法律事務所が提供する基礎知識

  • 人身事故

    人身事故

    人身事故とは、人の生命や身体に損害が発生する事故のことをいいます。...

  • セクハラ・パワハラ

    セクハラ・...

    近年、相談件数が急激に増えているのがセクハラ・パワハラの問題です。...

  • 協議離婚とは

    協議離婚とは

    「配偶者が浮気していたため、離婚したいと考えている。最も一般的な離...

  • 損害賠償請求(訴訟)

    損害賠償請...

    交通事故の解決は示談交渉から始まることがほとんどですが、示談交渉で...

  • 過失割合

    過失割合

    過失割合とは、交通事故の加害者と被害者の過失の度合いを数字で示した...

  • 財産分与

    財産分与

    財産分与とは、離婚の際に夫婦の共有財産を双方で分けることをいいます...

  • 後遺症認定の手続き

    後遺症認定...

    交通事故に遭い、これ以上症状の改善が見込まれない「症状固定」の段階...

  • ≪交通事故にあったときにまずやるべきこと≫

    ≪交通事故...

    ≪交通事故にあったときにまずやるべきこと≫ ①加害者の氏名や連絡...

  • 退職勧奨された際の対処法

    退職勧奨さ...

    ■退職勧奨が行われる背景 日本の労働法では「客観的に合理的な理由」...

ページトップへ